勘案 する。 【1分でわかる】勘案するの意味と使い方や例文!同義語や類義語と鑑みるとの違いも

「勘案」の読み方と意味・例文5コ・「考慮」との違い・類語

する 勘案

✇ そして、どちらかというと一つの物事をじっくり考えるというよりは、総合的に考えるという意味合いが含まれている言葉になります。

13

「勘案する」の意味と使い方・類語・敬語・言い換え表現

する 勘案

👆 「Consider」とは「考慮する」「熟考する」を意味する単語です。 する 先述でもご紹介しましたが、「勘案」という言葉は、「勘案する」などの形で使用されます。

15

勘案するとは?読み方や英語、意味や使い方を紹介

する 勘案

⚔ 例文1「勘案する必要がある」 「さまざまな要素を考慮する必要がある」という意味です。

12

「勘案」の意味と使い方・読み方・例文・語源・「考慮」との違い

する 勘案

👌 しかし、わからない言葉などを放置したままにしてしまうと、いつまで経っても理解することができません。 「勘案する」「勘案して」「勘案の上」「勘案した上で」「総合的に勘案する」などといった形を取ることが多いです。 「勘案」の尊敬語は「ご勘案」 「勘案」は尊敬を表す接頭辞の「ご」をつけることで、「ご勘案くださいますようお願いいたします」「ご勘案いただきありがとうございます」というように尊敬語として使うことができます。

2

「勘案する」の意味と使い方・類語・敬語・言い換え表現

する 勘案

🤣 この機会にぜひ、「勘案」という言葉の意味や使い方、類語や対義語、「考慮」との使い分けを学び、会話や文章などで、正しく使えるようにしておきましょう。

18

「勘案」の意味とは?読み方や敬語表現・類語表現も解説

する 勘案

🙃。 そこで続いては、「勘案」と「考慮」の違いについて、考察していきます。 「漢字/漢和/語源辞典」から引用した解説によると、「案」という漢字には、複数の意味が含まれているとされています。

1

「勘案」の意味とは?読み方や敬語表現・類語表現も解説

する 勘案

😉 」と色々な要素・複数のことを考える場合に使います。 意味や使い方がわからないまま、会話や文章で使用すると、思わぬミスに繋がる危険性があります。

13